ショッピング枠

ショッピング枠とキャッシング枠

今日市場に普及流通している多くのクレジットカードは、1枚で複数の利用可能な機能を有しており、殆どの場合「ショッピング枠」「キャッシング枠」が設定されています。
ちなみに前者は何らかの商品を購入決済する際に利用可能な1ヶ月単位の上限であり、後者はキャッシングサービスを利用する際の同様の上限金額です。
これらは呉1とカード会員個人個人をカード発行会社が審査査定の上で判断決定しています。

注意すべき点として、仮にショッピング枠が30万円、キャッシング枠が20万円の場合、大半のクレジットカードは「1ヶ月利用可能限度額の上限がショッピングなら30万円で、その中の範囲内でキャッシングなら20万円」という設定となっている事を覚えておきましょう。
30万円相当をショッピング枠で使用してしまった場合、20万円の限度枠のキャッシングサービスは利用出来ない点を解釈違いしてしまって資金繰りに窮するケースが後を絶っていません。
「キャッシング限度枠≧ショッピング限度枠」という設定が基本である点を踏まえ、計画的に利用しなければなりません。

またショッピング枠を利用する場合とキャッシング枠を利用する場合では、返済スタイルの選択肢が異なるケースも一般的ですので、各々の支払い方法を使用時にキチンと自己確認しておく事も重要です。
決済時の店員さんとのコミュニケーションが不十分であったが故に、いざクレジットカード会社からの請求書が届いた段階になって、利用者が分割払いのつもりだったのが一括請求で届いてしまっては資金繰りに大慌となる展開が避けられません。
こうしたケアレスミスで他のカードを駆使して「決済の為のキャッシング」を起こしてしまっては、無駄な金利負担が生じるばかりか手元のカードの利用可能枠自体が意に反して狭まってしまいます。

ショッピング枠とキャッシング枠を常に頭に入れた上で、必要最低限ピンポイントでの利用を心掛けるのが最も賢明でしょう。
頻繁に利用すればポイントが貯まるなどのメリットも存在するのがクレジットカードの特徴ですが、やはりメインである「元来の利用枠を常に余裕を持って確保する使い方」の方を優先すべきでしょう。


Copyright(C) 2013 生活を豊かにするカードの詳細 All Rights Reserved.