ショッピング枠

色々な支払い方法

クレジットカードを商品購入や何らかの決済、あるいはキャッシングなどで利用した場合、必ずその時点で選択すべき重要な約束事が存在しており、それが皆さんが後日精算する際の支払い方法に他なりません。
クレジットカードの利点は、現金一括決済では負担が大き過ぎる高額決済も、後日自身に無理の無い分割決済あるいはボーナス期まで決済時期を後送りするボーナス払いなど、カード会社が設定した選択肢の中からチョイス出来る事であり、これもクレジットカード普及の大きな要因となっています。

月々その時点で自身が総額どの程度カードを利用しているかを自己管理しているのであれば、翌月一括払いという通常決済を用いておけば、確実に利用限度額を常に大きく確保する事が可能です。
分割払いの場合は回数や各々の最低金額に設定制限が見られますので、選択時に中長期的な返済となる事をしっかり確認しておかねばなりません。
ボーナス払いで限度額一杯まで使用した場合、その金額を決済するまでは手元のクレジットカードが利用出来ない状況となっていますので、この事実も忘れてはなりません。
また月々一定額の中に元金と金利が含まれるリボルビング払いは負担感が少ない返済方法ですが、最終的に負担する金利が大きくなる傾向が見られる返済方法ですので、その辺りのバランスを確認しておいた方が賢明です。

また当初分割払いを選択していた場合でも、精算に充当出来る現金が手元に準備出来れば、決済約束日を前に精算する事も通常可能です。
当然早く精算すれば、手元のクレジットカードの利用限度額も元に戻り、再度有効活用出来る幅が広がります。
また万が一延滞を生じさせてしまった場合、延滞期間に関して所定の遅延損害金が発生する場合が有り、この頻度が高まると利用停止措置が取られる為、決済は確実にクリアする事がクレジットカード所有者全員に課せられた、最低限の鉄則である事を踏まえておかねばなりません。
自己管理と約束履行が出来ない人には、カード会社はクレジットカードを貸与してはくれないのです。


Copyright(C) 2013 生活を豊かにするカードの詳細 All Rights Reserved.