ショッピング枠

限度額に関して

頭に基本的な事ですが、声を大にして念を押しておきたいと思います。
クレジットカードはごく1部の特殊なカードを除き、制限無くお金が出て来る魔法のアイテムでは断じてありません。
あくまで後日クレジット会社から届く請求額を精算するまでの「決済期間の余裕」が活用出来るに過ぎず、実際には利用者が現金を支払っているのと同じなのです。
一時期クレジットカードが世の中に急速普及する中、多くの人達が「お金が手元に無くても、クレジットカードで何でも買える」的な大きな間違いを犯してしまい、更にそのような誤情報が当たり前の如く語られた歴史が存在したのも事実ですが、これは1つ間違えば致命傷となり兼ねない、大変危険な捉え方なのです。

クレジットカードには利用限度額という、1ヶ月枠で利用出来る金額の上限が設定されています。
これはカードを貸与する利用者個人個人の経済力などをカード会社側が審査判断して設定しており、1ヶ月10万円が上限の人も50万円の人も、一目見る限り全く同じ色調デザインのカードが与えられています。
これは利用実績に因って上下する事もあり、積極的に利用してキチンと決済を重ねていれば限度額は上がり、更に延滞などを時折繰り返してしまうと引き下げられるケースも珍しくありません。
クレジットカードを発行した会社からすれば、利用者からの回収不能は何が何でも避けねばならない事態ですので、慎重に会員個人個人の利用状況をチェックしていて当然です。

限度額に関して「名前の通った大手企業勤務だから高額で当然だろう」「自分は小さいと言えど会社の社長なのに、この上限は納得出来ない」といった発言も耳に届きますが、こうした社会通念的な単なる印象は限度額査定には一切関係しません。
あくまで1個人がクレジットカードを発行している会社との契約を順守し、積極的に利用していかに利益(手数料)を届けているのか、この部分が判断基準の全てと言っても過言ではありません。


Copyright(C) 2013 生活を豊かにするカードの詳細 All Rights Reserved.