ショッピング枠

ブラックリストって?

誰もが「自分に限って無縁」と信じて疑わない半面、クレジットカード社会が普及確立された今日、実は誰もがリストアップされるリスクと隣り合わせの存在、それが通称[ブラックリスト」と称されている、いざ問われればそれが何なのかを明確に説明出来ない存在なのです。
ここではブラックリストとは何を指し意味しているのか、ここに名前を連ねる事でどのようなデメリットが発生するのかを、皆さんと一緒に確認しておきたいと思います。

クレジットカードを使用したり、その他分割決済の契約を締結を交わした場合、当事者は所定の金融機関の請求に沿った返済を続けて完済する義務を負います。
ですが中長期的な返済過程に於いて、月々の約束期日に所定の金額を返済出来なかった場合、これが「延滞発生」の瞬間となります。
この延滞の頻度が増してしまったり、延滞発生日から返済までに要する遅延期間が長引く傾向が顕著になった場合、契約不履行のペナルティとして、クレジットカード発行会社は各社独自の判断で、利用停止更には「この人物は延滞常習者でクレジットカード保有に適さない」と、民間の信用機関が管理する個人信用情報に「要注意人物」として報告します。
これが俗に言うブラックリストに載ってしまう瞬間なのです。

ブラックリストを管理する機関は国内に複数存在しており、各金融機関は共通してこれを資料として参照の上、自社発行のクレジットカード太陽に際しての審査基準に用います。
これはすなわち「ブラックリストに載ってしまったら、新たにクレジットカード所有を申請しても審査には通れず、新たに手持ちのカードを利用する事も出来なくなる」現実を意味しています。
同時に自動車や住宅ローンを組んだり、銀行などからの事業資金の借入なども不可能となってしまい、小さなところでは携帯電話の機種変更すら月々の使用料に分割して引き落として貰う事すら叶わなくなってしまうのです。
クレジットカードの誤った利用が結果、我が国で日常生活を続ける上で多大なる不自由を招いてしまう事を踏まえ、過剰に恐れずともブラックリストの存在を常に頭に置いておくべきでしょう。


Copyright(C) 2013 生活を豊かにするカードの詳細 All Rights Reserved.